泊まりで行く山梨旅行で多くの観光地を回ってみましょう

山梨の観光地を楽しむ

山梨県は、東京を始めとした大都市圏から見て、近距離に位置している事もあって気軽に行く事が可能ですが、泊まりで出掛ける事で様々な山梨の魅力を発見する事が出来ます。自家用車で行く場合は、初日に甲府盆地・その周辺を巡るのがおすすめであり、風光明媚な昇仙峡・水が非常に綺麗な尾白川渓谷(長野との県境に近い北杜市)・西沢渓谷(秩父市に近い山梨市)・ウイスキー工場のある白州・ワイナリーが多い甲州市などは、素敵な思い出を作る事が出来るでしょう。ワイナリーは、試飲が出来たり商品を購入出来るケースもあるので、好きな方は秋以降に新酒のチェックに訪れるのが良いです。宿泊に関しては、天然温泉が湧き出るホテルが県内に沢山多くある事から、旅行ルートに合わせた施設を選びましょう。

2日目の山梨観光スポット

2日目の観光は、富士五湖エリアに行くのが良く、富士山に降り注いだ雨水が濾過されて湧き出る忍野八海は、澄んだ水を見られたり美味しいそばなどを食べられます。河口湖の北東にはロープウェーが設置されており、山頂駅近くにある公園からは河口湖と富士山の両方を眺める事が出来ます。

多くのグルメがあります

山梨は、地域住民に愛されている郷土料理が多く、冬に食べておいた方が良いのがほうとうです。ほうとうは、生麺や野菜を始めとした具材を一緒に煮込んだトロトロしたスープが特徴的で、鉄鍋で煮込んだほうとうは最後まで熱い状態で提供しています。通常のカボチャ入りのほうとう以外にも、海鮮入り・小豆がメインのほうとうもあるので、何度も食べている方はこれらの商品を選んでみるのも良いでしょう。

ヤートラルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です